TOPICS
たくさんある中古車からお気に入りを探す秘訣

車選びで中古車に目を付けるのは賢いと言えます。

当然ながら新車よりも中古車の方が価格的には安くなります。
すでに自分より前に所有者がいた車なのですから、当然と言えば当然の話です。

ただし、買って直ぐ手放した車と中古車ではほとんど差はありません。違うのは誰かがすでに乗った後の車という事実だけです。

最近の車は非常に品質が上がり、5年や10年ぐらいで簡単に壊れるようなことは無くなりました。
最近ではパンクをして道端に止まっている車も余り見無く成っています。
それだけ車の故障が減っているのです。

車を購入してから一度も故障を経験したことが無いというオーナーが非常に増えているのです。

そのため、パンクをしてもタイヤが交換できないだけで無く、何処にスペアータイヤが装備されているかを知らない人も結構いる程なのです。

中古車を購入しても、それが中古車であるかどうかと言う事は購入した人間以外まず分かる事はありません。ましてや走っている車が中古車かどうかと言う事は誰にも分からないのです。

だったら、中古車を購入するのは賢いことだと思います。
第一、まだその車に利用価値があるのですから、それを存分に使用してやるのが資源を大切にするという意味からも正解だと考えます。
エコが流行っていますが、中古車を購入すると言う事は極めてエコな車選びだと言えるからです。

ただし余りにも古い中古車を購入するのはお勧めできません。排ガスがクリーンだとは言えないからです。

少なくとも登録から10年以内の車にすべきです。

注目情報